作成者別アーカイブ: tana

ぎっくり腰の恐怖

ぎっくり腰になった経験を記載します。

仕事中、腰が張っているなー・・・という感触はありました。

そして、会社が終わり、帰っている時には明らかに痛いなーと感じていました。

しかし、歩けないということもなく、我慢しながら帰宅します。

帰宅後、晩飯を食べるまでは我慢出来ていましたが、

明らかに痛いな、と感じて少し横になろうとベットに入りました。

(まさかこの状態から立ち上がれなくなるとは思っていませんでした)

うとうと2時間ぐらい寝て、目が覚めると、

びっくりすることに、腰の激痛で立てない。身動きもできないようになっていました。。衝撃。

ぎっくり腰か!?とも頭をよぎりましたが。

ぎっくり腰の印象は、モノを持ち上げた時などにグキッとくるイメージだったので

違うのでは??とも思っていました。

そのまま、立ち上がれないので、もう少しちゃんと寝れば改善するかと、淡い期待で眠りにつきます。

電気もつけたままでしたが、とても立ち上がられないので我慢します。

そして夜中に目覚めます。トイレのために。。

そして立ち上がれません。。。

数十分迷いましたが、意を決してトイレへ。

這いつくばってトイレへ行き、用をすませます。

トイレから戻る時、一度立ち上がってみたところ、ふらついて倒れそうになりました。

ただの貧血だったのかと思いますが、ぎっくり腰ではなく変な病気かと思い、かなり焦りました。

寝ながらギックリ腰について、ググりまくったところ、

ぎっくり腰は、ヘルニアや、内臓系の可能性もあるということで焦りが倍増しました。

 

次の日は丸一日寝てました。

2日目は徐々に痛みがひどくなっていったため、焦りがますます募ります。

本当に歩けません。立てません。

ググった時にぎっくり腰で入院したという記事をよみ、自分も入院したいと切実に思いました。

一人暮らしではこういった時のためにも非常食を用意しておくのが大事ですね。

食べられるものがほとんどなく、買いに行くことももちろんできずに、空腹の一日でした。

しかも、寝ていても痛みで目がさめます。

「なんだこれ!?もう、なんだこれ!?」と一日もがいてました。

 

3日目、やっと痛みが引きはじめて、ちょっと安心します。

近くに住む兄に食べ物を買って来てもらい、空腹も満たすことができ、さらに安心します。

この日も一日寝ていました。

 

4日目。やっと立ち上がることができるまで、痛みがひきました。

「たてる!たてるぞ!」

と思わず声に出すほど嬉しかったです。

この日は月曜日でしたが、会社はとりあえず休み、病院へいきました。(かなりのスロー歩みで)

痛みが引いてきていたので、まあぎっくり腰だったのだろうと思いましたが、

念のため見て持った方が良いだろうという判断です。

病院では、案の定、ぎっくり腰でしょうと言われました。

レントゲンでもおかしいところは見当たらないということで安心しました。

病院では、湿布をもらう以外に、干渉波治療というものを受けさせてもらいました。

腰に電気を通して温めて血行を良くするというような器具らしいです。

人によっては電気がビリビリ痛かったり感じる人もいるそうですが、

自分は痛いということはなく気持ちいい感じでした。

 

5日目。なんとかひょこひょこ歩けるぐらいまで回復。

一時はどうなることかと思いましたが、出社もできるまで回復しました。

 

ぎっくり腰を経験してみて、改めて毎日健康でいることがどんだけ大事が再認識をしました。

ぎっくり腰の予防には、腹筋、背筋を鍛えておくのが良いらしいです。

自分の職場は、椅子の代わりにバランスボールを使用している人がおり、

自分もバランスボールを使ってみようかなとか考えたりしています。(まだ試していませんが)

 

 

Magic Trackpad 2 (マジックトラックパッド2)を使ってみた

Magic Trackpadを今年の中旬ぐらいから買おうか迷っていましたが、

もうそろそろ、「Force Touch」に対応したものが絶対そろそろ発売されるだろうと思い、

踏みとどまっていました。

そして先日、ついに発売されました!

Magic Trackpad2

ほぼ内容は予想どおりでした………値段以外は。。

高いですね。はい。

しかし、ずっと待っていたということもあって買うことを決意しました。

使えるようになるまで多少つまずいたので、その内容を記載しておこうと思います。

Magic Trackpad2の開封

まずはMagic Trackpad2を開封していきます。

2015-10-17 19.29.13

開封して中を開けると真っ白なTrackpadが登場します。

てっきりMacBook Proのような銀色だと思っていたので少し驚きました

2015-10-17 19.31.44

裏面は下記のようにすべり止めがついています。

2015-10-17 19.31.52

横から見た写真が下記になります。

非常に薄いです。

2015-10-17 19.32.11

Magic Trackpad2にはライトニングケーブルで充電ができます。

1本付属してついてきす。

2015-10-17 19.32.17

それでは、このライントニングケーブルをつなぎます。

つなぐと、自動でBluetoothの設定などが行われるという想定でした。

2015-10-17 19.36.14

 

(長くなったので、続きはまた次回追記します。)

 

ゴルフのルーティンワーク

ゴルフで自分が普段行うルーティンワークを明記する。

自分の行っているルーディンワークを明確にすることで、ゴルフの安定感が増すことを期待する。

当日ゴルフ場

  • パター練習場

    • パターの速さを確認

  • ヤード杭

    • グリーンセンター・エッジどちらの表示が確認する

ティーショット

 

  • コース説明を確認する。

    • 1打目で注意すべきOBゾーン、池を把握する。

    • 全体の距離やコースレイアウトで、2, 3打目を含めてどのような流れになる(または、どのような流れにすべき)か予想する。

    • グリーンの傾斜としてどこらへんに落としたほうがよいかもここで確認する

  • [オプション] 1打目での距離感がわからない時は、距離測定器で距離を測る。

  • ざっくりと打つべき方向のポイントを決める。

  • ピンを目印(スパット)を確認して指す。

  • 2mほど後ろの位置で数回素振りをする。

    • 打ち方として気をつけることを意識しながら素振りする。

    • 素振りしたその感触を覚えておくようにする。

  • クラブを打つ方向に差し、スパットを再確認。

  • 左に一歩ずれた後に、前に3歩進み、アドレス位置に移動する。

  • 両足を揃えた状態でアドレスし、球との距離を合わせる。

  • 右足を開き、スタンスをとる。

  • 足を地面に食い込ませるような意識で、下にぐっと押すような仕草をする。

    • 上半身ではなく、下半身を意識させたいための動作

  • 軽い深呼吸1回と肩を軽く上下に動かし力をぬく

    • 上半身で力まないための動作

  • 球を見ながら、自分が綺麗にうつところを頭の中でイメージする。

  • 視線を上げて打つ方向を確認する。

  • 視線を球に戻し、テークバックを開始する。

    • この段階で再度打つイメージを再現はしない。(打つまでの時間が空いてしまうことでリズムが崩れ、ミスが増える)

  • テークバック中に、息を吐くことを意識する。

  • 切り返しで力まないことを意識して、ゆっくり振り切る。

アイアン

  • ざっくりと打つべき方向のポイントを決める。

  • [オプション] 距離感がわからない時は、距離測定器で距離を測る。

  • 球から30センチほど先の目印(スパット)になりそうなものを軽く確認する。

  • 2mほど後ろの位置で数回素振りをする。

    • 打ち方として気をつけることを意識しながら素振りする。

    • 素振りしたその感触を覚えておくようにする。

  • クラブを打つ方向に差し、スパットを再確認。

  • 左に一歩ずれた後に、前に3歩進み、アドレス位置に移動する。

  • 両足を揃えた状態でアドレスし、球との距離を合わせる。

  • 両足を開き、スタンスをとる。

  • 足を地面に食い込ませるような意識で、下にぐっと押すような仕草をする。

    • 上半身ではなく、下半身を意識させたいための動作

  • 軽い深呼吸1回と肩を軽く上下に動かし力をぬく

    • 上半身で力まないための動作

  • 球を見ながら、自分が綺麗にうつところを頭の中でイメージする。

  • 視線を上げて打つ方向を確認する。

  • 視線を球に戻し、テークバックを開始する。

    • この段階で再度打つイメージを再現はしない。(打つまでの時間が空いてしまうことでリズムが崩れ、ミスが増える)

  • テークバック中に、息を吐くことを意識する。

  • 切り返しで力まないことを意識して、ゆっくり振り切る。

パター

  • グリーンに行きながら、全体の傾斜を目視で確認する

  • 自分の球からピンまでの上り下り、スライス・フックのなんとなくを把握する

  • 球をピン側からみてスライス・フックを確認する。

  • 球とピンを横からみて上り下りの具合を最終確認する。

  • 球の後ろからみてスライス・フックを最終確認する。

    • 球の転がるラインのイメージをする。

    • 30センチ先のスパットを決める

    • 自分の間隔の中でどれぐらいの振り子幅で打てばよいかを決める

  • 球の横に移動する

  • 球の30センチ手前で、両足を揃えたから両足を開き、スタンスをとる。

  • 素振りを数回する

    • 打つ振り子幅を確定する

    • 素振りした感触を忘れないようにする

  • スタンスを30センチ前に出し、アドレス位置に移動させる。

  • 視線をピンに向け、打つ方向を最終確認する。

  • 視線を戻し、頭ではピン位置の残像を残した状態で、もう視線は球だけを見て打つ。

  • 打ち終わり、少し立ってから顔をあげる。

MacBook Pro Early 2011 のGPU故障からのApple StoreのGenius Barで無償修理

普段メインで使用しているMacBook Proがいきなり起動しなくなってしまった。

リンゴマークは表示されるが、表示された後に起動までいかずにフリーズしてしまう。

まずは起動しない場合にやれることチップをいろいろとためした。下記サイトなどを参考に、SMCのリセット、PRAMリセットなどを行った。

http://www.danshihack.com/2015/02/02/junp/mac-boot-maintenance.html

しかし、残念ながら症状は改善しない。

セーフモードでも起動しません。
唯一、シングルユーザーモードでは起動できました。
そこで、ディスクの修復を試しましたが、症状は変わりません。
Verboseモードでログを確認したところ、
GPUが正常に立ち上がっていなさそうなことがわかりました。
ログが次のようなものです。
2015-08-29 20.46.49
赤い色の画面になっている時点でかなりおかしいですが、
最終行で、GPU Hardware VM is Disabled 〜〜
と表示されていて、GPUが正常に起動していなさそうということがわかりました。
GPUが悪いということはロジックボードの取り換えになるので、
もう4年近く使っているPCだから買い替えかなという気になっていました。
しかし、調べると「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」で
2011 年 2 月から 2013 年 12 月までの間に販売された MacBook Pro で無償修理をおこなっていることを知りました。
http://www.apple.com/jp/support/macbookpro-videoissues/
多分これが原因じゃないかなと思って、ジーニアスバーの予約をしてもっていきました。
ジーニアスバーでは、予想通り、GPUが悪そうですね、といわれて、
修理用に引き取ってもらえました。
(ちなみに、余談ですが、ジーニアスバーは予約が基本ですが、
予約しないでも飛び入りでいって数時間まつという手も使えることをしりました。
急いでているときには予約なしの朝一でいくのも1つの手かなと思います。)
その他のところで傷んでいたりしたら治らないかもしれませんがということも言われていましたが、
1週間ほどで無事に修理されて戻ってきました。

国勢調査にネットで回答してみた

国勢調査の紙が届いた。

2015-09-13 00.39.22

中身を確認してみると、

「必ず回答しなければいけない」+「ネットで回答しない場合、訪問調査員へ回答する形になる」

ということで、ネット回答の方が面倒じゃなさそうということでネット回答を行った。

指定されたURLを開くと下記のようなページになる

スクリーンショット 2015-09-13 21.00.49

「回答する」を選んでそれぞれの質問に回答していく。

割りと細かくきかれんだなという印象で、約5〜10分ぐらいで終了

回答が完了すると下記のようなページになる。

回答後

最後に必須ではないアンケートがあったのでこちらも適当に記入して終了。

 

[ゴルフ][練習] 108を切ってから100を切るまでのレッスンメモ

内容

ゴルフレッスンに週に1回通っている。

本ページでは、108を切ってから100を切るまでに言われたことをまとめる。

ラウンド結果

はじめてのラウンドが2013/1/6に初めて107をだし、2013/8/16に初めて97をだし100を切った。

約8ヶ月かかっている。初めてラウンドしてからは1年8ヶ月かかっている。

image

レッスンメモ

******************
* 2013.08.17 Sat *
******************
・振り下ろす時に力が入らないことを常に意識する(たまに力んでる)
・振り切りが足りないことが多い.フォロースルーをしっかりとって,腰をまわしきる.
・[パター] ショットの時と違い,少し背中を丸める感じにし,腕がダラーンとなるようにする.また,腹筋に力を入れる.
・[パター] 少しボールに近すぎる時があるので気をつける.

******************
* 2013.08.03 Sat *
******************
・トップになってしまうのは,打つ時に伸び上がってしまっているから.
・テークバックでのコックが遅い.上げはじめのときから,徐々にコックが入っていくよういにする.
・左手主体にする.まだ右手主導になっている.テークバックの時に,左肩から(腕ではない),肩を入れるようにしてテークバックする.
・右手主導になっていることで,インパクト後に,左肘がすぐに左側に逃げてしまっている.左手主導にして,インパクト後に,腕を前に押し出すようにし,左肘が左側にいかないようにする.(左手だけで打つ練習もあり.)
・テークバック後に,振り下ろす時に,クラブの重さで振り下ろす(腕で持っていかないように心掛ける.).特に素振りした時に,クラブが地面に着かない時には,このことを意識する.
・アドレスの時に,脇を締めて,腕が胸板の上に乗っかるようなイメージを持つ.

******************
* 2013.7.27 Sat *
******************
・[アプローチ]短い距離のアプローチはフォロースルーで手首を返さない.その方が,ミスの幅が少なくなる.

******************
* 2013.7.20 Sat *
******************
・だいぶスムーズにコックができるようになってきた.あとは,振り下ろす時に力を入れないことを意識する.

******************
* 2013.7.14 Sat *
******************
・[パター]肩甲骨あたりを軸にふる.腕や足は動かさない.
・[パター]パターの場合は,通常よりも少し腰を曲げる.また,腕を自然に体に近い所にもってくる.
・コックした時は,左手の親指で支える形.たまに右手の親指がたって,右手親指でささえているので注意する.右手の親指はたたない.人差し指と共にグリップを包み込むようにする.

******************
* 2013.7.6 Sat *
******************
・テークバックでは脇を適度にしめるように意識する.
・左手首が堅いためコックが不十分になっている.テークバックから振り下ろすまで柔らかくにぎることを意識してコックを行なう.
・[ドライバ] 腰のひねりが足りていないときがある.球がいつもよりも飛ばない時には確認する.
・[アプローチ] すこし,球の位置が前過ぎる時がある.へその前ぐらいに置く感じ.
・[アプローチ] フェースを開きすぎないようにする.どれだけあごがあるかや,どれだけ球を上げたいかでフェースの角度を変更する
******************
* 2013.6.30 Sun *
******************
・クラブが内側から巻き込む形で出る癖を直す.腕(手首)は外からでる.体全体(腰)をひねることで,インサイドアウトの形になる.
・[アプローチ] 悪い時には,手で持っていこうとしてしまう.脇をしめて,腰で打つことを常に意識する.
・トップぎみになってしまうのは,腕に力が入って,体が伸び上がることが原因かもしれない.

******************
* 2013.6.23 Sat *
******************
・左手で握りすぎない
・フォロースルーが中途半端になっている。しっかり振り切る
・[アプローチ]悪い時は手だけになってる。腰の動きとクラブの重さで打つ。
******************
* 2013.6.16 Sat *
******************
・[アプローチ]左足も少し開く.肩のラインは打つ方向と平行
・右手に力が入る傾向があるので,右手の人差し指と親指を離して練習する。
******************
* 2013.6.1 Sat *
******************

・テークバックの時に,手で引いているように見えるから注意する
・[アプローチ]50Yぐらいでうつアプローチの時にはもう少しスタンスが広くてもよい.

******************
* 2013.5.11 Sat *
******************
・[ロングアイアン] 飛距離をのばそうとした時に,テークバックでインサイド側に引いてしまうことがある.クラブはボールから真後ろに自然に引いていくようにする.
・[バンカー]バンカーショットでは,アプローチとは違い,手首の返しも使う.

******************
* 2013.4.20 Sat *
******************
・ 力をぬいて,特にテークバックからインパクトまでを自然にふる.
・ロングパターやアプローチでは,旗を見ながら素振りをして距離感をつかむ.

******************
* 2013.4.6 Sat *
******************
・ドライバがスライスする原因について.右肩が前に出ている.右腕を緩め,前に出ないように意識する.
・[アプローチ]体が伸び上がる時傾向がたまにある.体や頭は上下に動かないように意識する.

******************
* 2013.3.16 Sat *
******************
・構えた時に,右手が前に出てしまって,その状態でフェースをあわせるから,最初からスライスするような握りになっている.右脇を締めた状態でフェースをあわせるように意識する.
・グリップの握り方で,右手の生命線を左手の親指にあわせるような形にする.
・クラブの出方(振り下ろす時)が内側から巻き込むような形になっている.外側から振るおろすようにする.
******************
* 2013.3.9 Sat *
******************
・グリップを握りすぎている.左手もべたっと全体で握るのではなく,小指と薬指で握り,手のひらは浮かすぐらいでよい.

******************
* 2013.3.2 Sat *
******************
・[アプローチ]構えた時に,ハンドファーストになるように意識する
・[アプローチ]フォロースルーで手首を延ばさず,固定したままフィニッシュする.

******************
* 2013.2.16 Sat *
******************
・振り出しの時にコックをリリースするのが早すぎる.手首は固定した状態で振り下ろすことを意識する.(トップ気味にあたる傾向があるのはこれが原因)
・すこし前のめりになる傾向があるので注意する.
・[ドライバ]構えたときのフェースが被せ気味にならないように注意する.
・[ドライバ]テークバックを肩でひくように意識して,ヘッドが内側に入ってくるようにする.(外側の軌道でひいている)

******************
* 2013.2.11 Mon *
******************
・テークバックで肩を入れる
・コックはテークバック中に自然に行なう。
・アプローチ、構えた時に左に体重がのりすぎ。ほんの少し左によるぐらいで十分。

******************
* 2013.2.9 Sat *
******************
・[ドライバ]振り出しの時に常に腰主導で動き出すことを意識する.
・フォロースルーで振り切る.腰が前を向いてきちんとひねられていることを意識する.

******************
* 2013.1.27 Sat *
******************
・[アプローチ]前屈みになってしまい,つま先に体重が乗っているような時にはシャンクする.右足の体重はかかとにのせるぐらいの気持ちでよい
・テークバックでコックさせる時には右手の親指方向にコックさせる.(右手の甲の方向に曲げてはいけない)

******************
* 2013.1.19 Sat *
******************
・もっとコックさせる.意識してコックさせるぐらいで良い.
・インパクト後に手首を返すことを意識する.インパクト後に顔がすぐに前を向いてしまうと手首を返せない.顔を残すことを意識すると,自然と手首を返せる.
・腰しゅたいに主体にふることを常に意識する.
・[パター]クラブは自然な速度(速度を一定にして)動かす.変に降り始めやインパクト後にクラブの動きが早くなったりするのは良くない.
******************
* 2013.1.12 Sat *
******************
・腰の回転を意識して打つ
・テークバックは腰と腕を一緒に動かし行なう.今は腕が先にテークバックして腰をまわしているようになっている.
・[パターの家での練習]クラブを床に並行に置いて,そのライン上でパターの素振り.並行にまっすぐ振れることが重要.

[ゴルフ][練習] 初めてのラウンド164から108を切るまでのレッスンメモ

内容

ゴルフレッスンに週に1回通っている。

本ページでは、108を切るまでに言われたことをまとめる。

ラウンド結果

はじめてのラウンドが2011/12/24で、2013/1/6に初めて107をだした。

約1年掛けてダブルボギーペースまでいった。

image (1)

レッスンメモ

******************
2013.1.5 Sat
******************
・右手に力が入りすぎている.右手は添えるだけぐらいの感じで握る.左手主導で打つ.
・テークバック時に手首のコックを意識する.(コックが現在浅い.クラブの遠心力を意識して自然にコックもう少し深くする)
・膝の曲げがほんの少し深すぎる.また,腕が少し上がっている.だらんと真下にたらす.またクラブの角度が大きい.
******************
2012.12.23 Sun
******************
・すこしテークバックからインパクトに向けてのリズムがおかしい時がある.(インパクトまでのダウンスイングで力が入り,早く振ろうとしてリズムが崩れている)
・[アプローチ]まず,フルスイングと同じスタンスでたってみて,それから右足を動かしてスタンスを狭くする.この時に少しオープンスタンスにしてもよい.(ボールの位置がおかしくなっている時があるので,左足を主体に考える)
・[アプローチ]脇をしめて,腰の動きで打つように意識する.
・[アプローチ]上体が前屈みになるとシャンクするので注意する.

******************
2012.12.22 Sat
******************
・大分,腕(肩)の力が抜けて下半身で打てるようになっている.OK
・[ドライバ]フィニッシュで余裕を持ってボールを追えるぐらいの体勢になっているとよい(ふらつかないようにする)
・[知識]クラブの種類について.スチール製:少し重い.カーボン製:軽い.今はしっかりと振れてきているのでスチール製がおすすめとのこと.

******************
2012.12.8 Sat
******************
・テークバックからインパクトまでの間で右足を意識して力を伝えるようにする.
・[アプローチ]打つ前にターゲットを必ず確認しどれぐらいの力で打てばいいのか想像する
******************
2012.12.1 Sat
******************

・大分,下半身,腰を主導で打ててきている.
・テークバックからインパクト迄で手首の形を意識する.(開かないようにする.)
・テークバックからインパクト迄で,手は体の近くを通る.(外から入らない.)

******************
2012.11.17 Sat
******************
・[ドライバ]振り下ろす時に右手が上に来る意識を持つ
・[ドライバ]グリップを長く持ち過ぎ.指一本分ぐらいの余裕を持つ.
・[ドライバ]テークバックで腰が入りきっていない.(飛距離が異様にのびてない時はこれを確認する.)
・[ドライバ]下半身と腰とをワンテンポ先に動かしはじめる.
******************
2012.11.7 Sat
******************

・テークバックした時に,左手(←右手の間違い?)の甲が体の方向を向くようにする.
・足,腰主体で打てるように意識する.

******************
2012.10.6 Sat
******************

・[アプローチ]右足が回ってこないように意識する.(右足が回ってくるとシャンクする)
・手打ちになりがち.足/腰を意識する.テークバック後に一瞬手が止まって足/腰が先に動く
******************
2012.09.23 Sat
******************
・[アプローチ]膝下はあまり動かさず固定する.
・[アプローチ]脇をしめて,上腕を体につけるイメージ.
******************
2012.09.19 Wed
******************
・トップ気味になるのは,振り下ろす時に手首が返ってしまっている.インパクトまでは手首を固定し,クラブを下半身で持ってくる感覚をもつ.
・右にたまに飛んでしまうのは,インパクト後に手首の返しを行なっていないから.
・グリップの握り方で,右手の親指は縦(クラブグリップに並行に添える形)にする.
・テークバックで,腰から先に引いているが,タイミングが悪くなっている.先に手が引き始まって.右足ぐらいに手が行った所で腰を一緒に動かすようにする.

******************
2012.09.08 Sat
******************
・テークバックの時に,左肩を入れるように意識する.左肩をひいてあごにつけるイメージ.
・体重移動を意識する.テークバック時に右足にのせ,振り切った後に左足にちゃんと体重が移っているようにする.
・フォローするを大きくする,左腕主導でスイングするようにして大きく振り切る.
******************
2012.09.01 Sat
******************

・[パッティング]持ち方が変.左手は人差し指だけ右手の上にのせる形にして,他の左手の指に関してはクラブのグリップを握るように.
・[パッティング]腕と肩以外を固定し,うごかないように意識する.

******************
2012.08.19 Sun
******************
・テークバック時に,左手で持ち上げる.(右手に力をいれない)
・テークバック時に力を混めない.自然に持ち上げる.
・アドレスからインパクト迄の間にコックがとけてしまっている.インパクトまでコックを保つ.
******************
2012.08.05 Sun
******************
・グリップの持ち方:左手の親指のラインが右肩を向くようにする.(右手の親指ラインも右肩を向く)
・グリップの持ち方:右手の指で左手に絡めるのは小指だけ.右手の薬指と中指はグリップを握る.

******************
2012.08.04 Sat
******************
・[パター]少しなで肩になるぐらいの意識.
・[パター]腕を少し前に出してしまっている.もう少し体に近くにする.
・[パター]インパクト後に顔を上げるのが早い.
・テークバックからインパクト迄の振り下ろすときにクラブが体からすこし遠すぎる.もう少し脇をしめて,体の近くをクラブが通るようにする.
・フォロースルーで左肘がすぐに畳んで曲がっている.伸ばしたまま肩の高さまでもってくる.
******************
2012.07.28 Sat
******************

・[ドライバ]右に飛んでしまう時には,また右腕が振り下ろす時に内側から出てしまっている
・[ドライバ]テークバックの時に腰がはいっていない.(右側にしっかりむける)
・[アプローチ]前かがみになりすぎている.
・[アプローチ]すこし,膝が曲がり過ぎ.
・構えの時に,また右腕が前に出ている.右脇をしめ.左腕主導でうてるようにする.
・インパクト時に腰がまわりきっていない
******************
2012.07.22 Sun
******************

・力んだ時に,腰がまわりきっていないときがある.
・テークバックからふりおろしまでをスムーズに.力んだ時に,リズムが悪くなっている
・振り下ろしている時に,クラブの重みを感じるようにする.

******************
2012.07.07 Sun
******************
・[ドライバ]テークバック時に右足に全体中をのせるように意識する→飛距離が伸びた
・[ドライバ]フォロースルーで振り切りをもっとダイナミックに.少し腰がまわりきっていない.
・パターやアプローチで距離感をつかめない時には,ボールだけをみずにホールを打つ前にみて素振りなどを行い,距離感をとる.

******************
2012.06.26 Tue
******************
・[ドライバ]手首の返しをもっと意識する.
・[ドライバ]力むとやはりミスが目立つ.常に力を抜くことを意識する.

******************
2012.06.19 Tue
******************

・[パッティング]握り方は左手人差し指を右手に絡めず,上から添える形
・[パッティング]右手と左手でクラブを挟み込むようなイメージ.どちらかの腕主導というわけではない.
・[パッティング]テークバックとフォロースルーが「1:2」のイメージ
・[パッティング]フォロースルーでクラブを上に上げない.地面と並行になるイメージ.
・[ドライバ]インパクト時,およびインパクト後に左脇が開かないようにする.
・[ドライバ]インパクトの前に,左足の前ぐらいで腕の返しが行なわれるイメージでよいかも.
******************
2012.06.12 Tue
******************

・アプローチショットでは,打点(ボールを打つポジション)を変えることで,打球の上下を調整できる.前に置くほど上に飛ぶ(フェイスが上を向くため)
・スライス修正用に,ドライバで手首を返すタイミングを早める.(テークバックからインパクトまでの間に,もう手首を返すイメージで良い)
・上記を行なった時に,手首を返すことを意識しすぎて,上体がのけぞらないように注意する.
******************
2012.06.05 Tue
******************

・練習でうちっぱなしで打つときも,毎回間を置き,グリップも握り直し,打つ前に正面を一度みるなど,ラウンドで打つのと同様のルーチンを行なうようにする.

以下は,スライスを修正するための助言
・インパクト後の手首の返しを行なう.右腕がかぶさるようにする.
・現在は,インパクト後に体の手前に腕を持ってきてしまっている.前に押し出して手首を返すようにする.

******************
2012.05.27 Sun
******************

・グリップの持ち方を注意.両手ともに親指と人差し指のV字が右肩をさすように握る.
・目線がインパクトの時にボールから外れて前をむいてしまうとスライスになりやすいので注意する.
・ピンにたてるボールの高さは,ピンにボールをおいて.ボールを後ろから見た時に,クラブからボール半個分だけ見えるぐらいがよい(ちょっと高く置きすぎている).
・ボールのインパクト後に手首を返すことができていない.

******************
2012.05.19 Sun
******************

・[ドライバ]テークバックからインパクトまでのクラブの面を意識してひらかないようにする.
・[ドライバ]テークバックからインパクトまでで,右手が左手の上にくるイメージをもつ
・[ドライバ]インパクトの時には腰は前を向いているが,肩は横を向いているようにする.(肩まで前を向いているとスライスしてしまう.)

******************
2012.05.12 Sun
******************

・[ドライバ]テークバックからインパクトまでで,フェイスが開かないように意識する
******************
2012.05.05 Sun
******************
ドライバでスライスしてしまうことを相談していろいろアドバイスを貰った.
・[ドライバ]インパクトの時は肩はボールの方を向いている.前を向かない.
・[ドライバ]グリップが少し左ぎみなためスライスし易くなっている.
・[ドライバ]構えた時に少し腕がボールから遠い.近づける.
・[ドライバ]テークバックしてからインパクトでは右手の甲が顔の方を向くように上にかぶさるようにする.(フェイスが開いていると右手の甲が右を向いているはず)
・テークバック時にフェイスが開かないように注意する.
・[ドライバ]アウトサイドインでクラブが入っていっている.振り下ろしている時にはクラブが体の近くを通り,インサイドアウトでクラブを出す.

******************
2012.04.21 Sun
******************
・ドライバ、右肩が前に出ないようにする。ラインと平行に。
・右肘を伸ばすような形になっている。左肘を伸ばして、右肘は寧ろちょっと曲げる。

******************
2012.04.15 Sun
******************
ドライバ、右肩が前に出ないようにする。ラインと平行に。

右肘を伸ばすような形になっている。左肘を伸ばして、右肘は寧ろちょっと曲げる。

******************
2012.04.14 Sat
******************
・油断すると垂直立ちになってる。こしを曲げて。
・[パッティング]ボールが左目の真下にくるように。
・[パッティング]腰を動かさない.肩で打つ.
・[パッティング]グリップの持ち方で,パターでは左手の人差し指を右手に絡めないでよい
・インパクトまでの腕の動きで,右腕が下がって内側から出過ぎることがある.
******************
2012.04.08 Sat
******************

・[パッティング]下半身は固定して,肩の振り子で打つ.
・[パッティング]下半身では,左足に体重をかける.
・[パッティング]腕は曲げない.
・[パッティング]目(顔)はぶらさない.フォロースルー時もボールを見続けても良い.
・グリーンにぎりぎり乗らなかった時で,障害物がなく,上に打ち上げる必要がない場合などは7番アイアンなどでパターの打ち方で打つのもあり.
・[アイアン]腰でを主導で打つ.一瞬腕が遅れて出てくるイメージをもっともつ(先週自分でもビデオで確認しておもってたことを言われている)
******************
2012.03.31 Sat
******************

・顔が上下に動かないようにする.特にダウンスイングをしている最中.
・力を込めずに打っているときでも,ちょっと怒り肩で上体で打っているように見える.腰の回転を意識して,なで肩になるぐらい力を抜いてみる.

******************
2012.03.24 Sat
******************
・テークバックの時に.腰を入れる(ボールがいつもより飛んでないときはこれを注意).そして腰からクッと動かして,腕は後からついてくる.
・腰をいれることを意識した時に,腕が必要以上にテークバック時に上がりすぎないように注意する.(腕はあごよりも下に位置)
・[アプローチ]構えの時に右足を寄せて,足幅を小さくする.少しだけオープンスタンスにする.右足の膝が曲がって前にでないように注意.
・[アプローチ]アイアンのときよりも肘を体に近づけて,ボールとの距離を近くする.
・[アプローチ]腕だけで打たず,腰の回転で打つ.へそにクラブのグリップをつけてクラブの中央を持ち,スイングして,腰でクラブをまわす練習をするとよい.

******************
2012.03.18 Sun
******************
・テークバックと時に左足のかかとを上げるようにする(体重移動に意識).

******************
2012.03.03 Sat
******************

■学んだこと
・フォロースルーが右に振りすぎているから球が右に飛んでいる。意識としては左にフォロースルーする感じて真っ直ぐ飛ぶ。
・インパクト時に頭を残す。今は前に突っ込んで、かつ前を向いている。
******************
2012.02.25 Sat
******************

■学んだこと
・腰主導(腕の前に腰が廻りだす)で打つようにする。(レッスン後半は大分よくなった)
・体重移動も意識すると良くなった。

******************
2012.02.18 Sat
******************
■学んだこと
・左腕主導で打つようにする。今は右手主導になっていてインパクト後が窮屈になっている。
・垂直立ちになっている。前かがみに腕がダランとなる様に。
・膝が曲がり過ぎの時があり。

******************
2012.02.11 Sat
******************

■学んだこと
・テークバックはボールから真後ろに引いていくようにする。今は右に巻き込むように引いてしまっている。
・クラブの重さを意識して自然にふる。力まない。
・テークバックでは、腰を入れることを意識する。テークバック時に腰が周り切っていないから腕で力んでふってしまっている。
・グリップの持ち方を先週同様指摘された。

******************

2012.02.04 Sat
******************
・グリップの持ち方、小指の位置を注意。左手首をクッとひねる感じ。小指薬指で持てるように。
・テークバックの時に左腕を曲げない。
・アドレス時にグリップがボールよりも前に出るようにする。

******************
2012.01.29 Sun
******************

■学んだこと
・テークバックの時に腰が周り切っていない時がある
・腰主導で打てていない。腰を腕よりも先に動き出すようにする。
・インパクト前後では、クラブはまっすぐ動くようにする。テークバックの時に意識して真後ろに動かして引く。
・気づいたこと:インパクトの時にもっと腰が周り切っているようにすると良い。
・気づいたこと:ドライバでインパクトの時にクラブが打球方向と垂直になるようにするとよい。(手首を前に押し出した状態)

******************
2012.01.22 Sun
******************

■学んだこと
・打ち損じてボールが右に行く症状は、腰がしっかりり廻りきっていないことでおこる。(インパクト後に、腰の回転をとめず、フィニッシュまでしっかりまわす)
・フィニッシュで、しっかり腰が正面を向くまでまわっているかを意識する。
・上半身の力を抜いて、体全体で打つ。
・インパクト後に、手首をすぐに返さずに、前に押し出す。
・スイングがおかしくなったら、ハーフスイングで調整すべし。
・インパクト後の右足が、前に出ないようにする。(右足は真横に動く感じ)

******************
2012.01.15 Sun
******************

■学んだこと
・まだ少し、ボールからの距離が遠い。もう少し近くでよい。また、足幅も肩幅よりももう少し開いてよい。
・右脇があいてはだめ。
・ボールの上側を打ってしまうのは力んで上半身が浮き上がってしまうことが原因
・肩幅内でおさまる範囲で体重移動はしっかりすべし。
・テークバックから振り出すときに、足から先に動くように。手が遅れる感じ。
******************
2012.01.08 Sun
******************

■学んだこと
・テークバックはクラブが地面と平行
・テークバック時は右足を軸に振り始めたら左足を軸にするように体重移動
・ルーリング?ボールをインパクト後は右手の甲が自分から見えるように返す
・インパクト後にクラブの先が上を向くようにする。クラブのベッドが横を向いたままだと右に飛んでしまう。
・腕を力まない様にするとスイングスピードが上がるはず
・テークバック時は早く打つ時はもう少し早くテークバックする。リズムが大事。
・ハーフスイングで練習する時はクラブを短く持って練習してみるとよいかも。

******************
2011.12.18 Sun
******************

■学んだこと
・右手の生命線に左の親指は合わせる
・左手の薬指と小指でメインに持つ。右手は添える感じ
・右手の親指の位置注意
・ヒップを挙げる感じ
・腕が構えた時は真下にダランとなる感じ
・構えた時にまだ腕を少し前に出してしまっている。ボールにもう少し近づき腕はダランとなるように。
・ドライバーではボールは左足のぎり内がわへ
・腕は力まない
・体全体像を使って縮こまらない。とくにドライバーで。
・ドライバーのフォロースルーでクラブを前に押し出すように。インパクト時に直線を描く。

[ゴルフ][ラウンド][振り返り] 丸の内倶楽部

前提

目標:95を切ること。調子は上がってきているが、直近では100前後ぐらいのスコアしか出ていない。

練習状況:ラウンドに1周間で3回いき、ラウンド間隔はつかめている時だった。

結果

丸の内倶楽部

プレー日: 2015年08月17日 アーリーバードの早朝プレー。午後から雨

今日のスコア このコースでの平均 アプリユーザーのこのコースでの平均
スコア 103 103.0 99.84
平均パット数 2.5 2.5 2.12
ボギーオン率 55.6%
パーオン率 16.67 % 16.67 % 24.05 %
No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
Yard 491 355 357 311 385 114 545 180 413 3151
Par 5 4 4 4 4 3 5 3 4 36
Score 7 5 5 5 5 4 8 5 6 50
Putt 3 3 2 3 1 2 4 1 3 22
FWキープ 20 %
パーオン 22 %
ガードバンカー 1
OB 0
池、ペナ 0
No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 IN
Yard 372 343 396 521 331 136 327 175 460 3061
Par 4 4 4 5 4 3 4 3 5 36
Score 6 7 6 7 6 4 7 4 6 54
Putt 2 4 2 3 3 2 2 3 2 23
FWキープ 0 %
パーオン 11 %
ガードバンカー 0
OB 1 1 2
池、ペナ 0

コースについて

コース自体は難しくなかった。少なくとも100は切るべきコース。

距離も対して長くない。2打目にOBが気になるコースが幾つかある程度。

グリーンが雨のため、非常に遅い球足だった。

Keep

  •  ショットは安定していた。特に前半はよかった。ボギーオン率、バーオン率を足して70%を超えているので、ショット自体は悪くない
  • 前回ラウンドの反省として、ショットではあまり無理せずに、ボギーオンで十分という意識で力を抜いてやっていたことが良かったと思う
  • ショットを打つときには腰が振り下ろす時に腰が浮かないようにすることを意識していこともよかったと思われる
  • ショットを打つ前に、最悪のパターン、最高のパターン、許せるパターンを考え最悪のOBやバンカーになることを減らせたと思う

Problem

  • 雨が降ってくると、メガネに水滴がついて気になる。
  • 球足の遅いパターが全然合わない。もっと練習したほうが良い
  • パターで、打つ前に線を合わせていたが、後半は線を合わせない方法をためした。まだどちらが自分にあっているかわからない。

Try

  •  雨の時にはコンタクトにするようにする
  • ★パターマットを買って、練習する

 後日

パターマットの下記を買った。定期的に練習して、成果を見てみようと思う

[ゴルフ][ラウンド][振り返り] かほゴルフクラブ

前提

目標:95を切ること。調子は上がってきていて、前回ラウンドでは97だったので、それ以上を目指していた

練習状況:3週間ぐらいレッスンにはいけていないが、練習は週に2 回は行けていた

結果

かほゴルフクラブ

プレー日: 2015年08月09日 スループレー


今日のスコア このコースでの平均 アプリユーザーのこのコースでの平均
スコア 102 102 102
平均パット数 2.22 2.22 2.06
ボギーオン率 44.4%
パーオン率 11.11% 11.11% 18.19%
No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
Yard 514 303 198 460 360 159 333 331 382 3040
Par 5 4 3 5 4 3 4 4 4 36
Score 6 7 3 5 6 4 5 5 6 47
Putt 2 3 2 1 2 2 1 3 2 18
ティーオフクラブ
FWキープ %
パーオン 22 %
ガードバンカー 1
OB 1 1
池、ペナ 0
No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 IN
Yard 449 399 404 173 440 168 340 347 409 3129
Par 5 4 4 3 5 3 4 4 4 36
Score 6 6 7 5 6 5 8 7 5 55
Putt 2 2 3 2 2 3 2 4 2 22
ティーオフクラブ
FWキープ %
パーオン 0 %
ガードバンカー 2
OB 0
池、ペナ 0

Keep

  •  通常のショットは良くなってきている。

Problem

  • バンカーに捕まり、スコアを落としている。
  • ★後半に失速してしまっている。後半の前半は、もっと緊張感をもってスタートする。

Try

  • ★ バンカーに入らないようにコースマネジメントする。

Azure Web Site で CakePHPを使用していてBasic認証をかける方法

目的:開発時に全ページに認証をかけたい

CakePHPはコンポーネントやAction単位に認証を付けられる機能があります。

しかし、この機能は特定の管理ページだけに認証を付ける場合には便利ですが、

今回は全ページに認証を付けたかったので、少し目的が違います。

Azure Web SiteはApacheでないので、htaccessとか使えない

全ページに認証をつけるのだから、何も考えずにhtaccessで行うと思っていました。

ぐぐって調べてもCakePHPでもトップディレクトリのhttaccessをごにょごにょ書き換えれば良さそうでした。

しかし、うまくいかない。

….

すこしはまりましたが、原因はAzureはApacheではないのでhtaccess使えないってことでした。

まあ、確かにそうですね。気づかなかったのがお恥ずかしいです。

手順:HttpAuthModuleを使う

下記ページを参考にしました。

  • http://azure-recipe.kc-cloud.jp/2015/01/website-basic-auth/

手順は次のようになります

HttpAuthModuleを下記からダウンロードします。

  • https://github.com/nabehiro/HttpAuthModule

今回は全ページに認証を付けたいので、トップディレクトリに「bin」ディレクトリを作成し、

その中に「HttpAuthModules.dll」を配置します。

次に、「Web.config」の修正です。

AzureでのCakePHPのトップディレクリにはすでにWeb.configが存在するはずです。

修正前は次のような形だと思います。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<configuration>
<system.webServer>
<rewrite>
<rules>
<rule name=”Redirect static resources” stopProcessing=”true”>
<match url=”^(ico|img|css|files|js)(.*)$” />
<action type=”Rewrite” url=”app/webroot/{R:1}{R:2}” appendQueryString=”false” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 1″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^(.*)$” ignoreCase=”false” />
<conditions logicalGrouping=”MatchAll”>
<add input=”{REQUEST_FILENAME}” matchType=”IsFile” negate=”true” />
</conditions>
<action type=”Rewrite” url=”index.php?url={R:1}” appendQueryString=”true” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 2″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^$” ignoreCase=”false” />
<action type=”Rewrite” url=”/” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 3″ stopProcessing=”true”>
<match url=”(.*)” ignoreCase=”false” />
<action type=”Rewrite” url=”/{R:1}” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 4″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^(.*)$” ignoreCase=”false” />
<conditions logicalGrouping=”MatchAll”>
<add input=”{REQUEST_FILENAME}” matchType=”IsFile” negate=”true” />
</conditions>
<action type=”Rewrite” url=”index.php?url={R:1}” appendQueryString=”true” />
</rule>
</rules>
</rewrite>
</system.webServer>
</configuration>

これを次のように修正します。下記例ではユーザ名「user」パスワード「passwd」を設定した例です。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<configuration>
<!– Modification START –>
<configSections>
<section name=”httpAuthModule” type=”System.Configuration.NameValueFileSectionHandler” />
</configSections>
<httpAuthModule>
<add key=”AuthMode” value=”Digest”/>
<add key=”Realm” value=”SecureZone”/>
<add key=”Credentials” value=”user:passwd;”/>
<add key=”DigestNonceValidDuration” value=”120″/>
<add key=”DigestNonceSalt” value=”uht9adfafewbSAX” />
</httpAuthModule>
<!– Modification END–>
<system.webServer>
<!– Modification START –>
<modules>
<add type=”HttpAuthModule.HttpAuthModule” name=”HttpAuthModule” />
</modules>
<!– Modification END–>
<rewrite>
<rules>
<rule name=”Redirect static resources” stopProcessing=”true”>
<match url=”^(ico|img|css|files|js)(.*)$” />
<action type=”Rewrite” url=”app/webroot/{R:1}{R:2}” appendQueryString=”false” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 1″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^(.*)$” ignoreCase=”false” />
<conditions logicalGrouping=”MatchAll”>
<add input=”{REQUEST_FILENAME}” matchType=”IsFile” negate=”true” />
</conditions>
<action type=”Rewrite” url=”index.php?url={R:1}” appendQueryString=”true” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 2″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^$” ignoreCase=”false” />
<action type=”Rewrite” url=”/” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 3″ stopProcessing=”true”>
<match url=”(.*)” ignoreCase=”false” />
<action type=”Rewrite” url=”/{R:1}” />
</rule>
<rule name=”Imported Rule 4″ stopProcessing=”true”>
<match url=”^(.*)$” ignoreCase=”false” />
<conditions logicalGrouping=”MatchAll”>
<add input=”{REQUEST_FILENAME}” matchType=”IsFile” negate=”true” />
</conditions>
<action type=”Rewrite” url=”index.php?url={R:1}” appendQueryString=”true” />
</rule>
</rules>
</rewrite>
</system.webServer>
</configuration>

以上でアクセスするとBasic認証が現れるはずです。