タグ別アーカイブ: iPhone

iPhone4SにEdyを内蔵

以前,iPhone4Sのフロントパネルが破損し,修理しました.

その時,Edyの基盤ぐらいなら,自分で取り付けることができるんじゃないかな?と思って調べたら,案の定すでにやっている人がたくさんいました.

Edyのストラップを分解して行う方法と,カードを分解して行う方法があるようですが,手軽なEdyストラップの方法を試しました.

用意する物はおもに,下記です.(必須ではないですが,ペンチなどもあった方が作業効率はあがると思います.).

まずはEdyストラップです.下記を購入しました.(無惨に分解してしまうのに,おしゃれなのがもったいない..)

2013-07-05 23.27.45

 

カッターなどで中身を取り出すと,次のようなプラスチック容器に基盤が格納されていました.

2013-07-06 00.02.32

このプラスチック容器も分解します.この分解が若干苦労しましたが,基盤をきづつけないようにペンチなどで慎重に分解します.

すると下記のように基盤だけがとりだせます.

2013-07-06 00.47.34

次に,干渉エラー防止シートの準備です.

干渉エラー防止シートはそのままでも使えますが,割と厚く,バックパネルを閉じる時にかなり無理矢理な感じになってしまうので,これも分解します.

干渉エラー防止シートの中に,銀色のシールのような物が含まれています.これが干渉シートの実体のようです.これを取り出します.

2013-07-24 01.54.21

次に,iPhoneのバックパネルを外して,基盤を取り付けます.

iPhoneの底面のねじ二つを外せば,バックパネルは外れます.

iPhone

あとは,iPhone本体の上に干渉エラー防止シート,Edy基盤,バックパネルの順に挟み込めば完了です.(干渉エラー防止シートは裏表があるようなので注意してください)

2013-07-18 00.36.16

ただ,一点理由はわかりませんが,Edy基盤を置く場所がiPhoneの中央だとうまくEdyが認識されませんでした.このため,今回はホームボタンの近くにおきました.(バックパネル側に銀色のシールのようなものが張られており,それが遮断してしまっているのかとも思ったのですが,無理にはがすのも微妙だったので,特に確認はしていません.)

バックパネルのふたを閉じて,Edyが認識されることが確認できれば完了です.